/

この記事は会員限定です

インド、経済孤立で「貧する大国」の懸念

ニューデリー支局 馬場燃

[有料会員限定]

インドは東アジア地域包括的経済連携(RCEP)への参加を見送り、国内に自立した経済圏を創る構想に向け歩み始めている。中国との国境対立も背景に地場産業を底上げする独自の道をめざしているが、インドが世界経済のなかで孤立する懸念がぬぐえない。いずれ中国を抜いて世界最大の人口に膨れあがるインドの課題は地場産業を着実に発展させて雇用の受け皿を増やすことだ。さもないとインドは将来「貧する大国」に陥る恐れが出て...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1744文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

グローバルViews

いま大きく揺れ動く、世界経済。 自分か。自国か。世界か。このコラムでは、世界各地の記者が現地で起きる出来事を詳しく解説し、世界情勢の動向や見通しを追う。 今後を考えるために、世界の“いま”を読み解くコラム。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン