/

この記事は会員限定です

[FT]市場に潜む「雪崩」の兆し

膨らむ資産、欠ける透明性

[有料会員限定]
Financial Times

3月末、金融市場は「雪崩」に見舞われた。きっかけは当初、何でもないことのようにみえた。米メディア大手バイアコムCBSが、自社の株価が過去半年間で3倍以上高騰したことを受け、30億ドル規模の新株発行を決めたのだ。その後、同社株は下げた。この下落で、バイアコムへのエクスポージャー(投資残高)が大きかったファミリーオフィス(個人資産の運用会社)の米アルケゴス・キャピタル・マネジメントの運用資産に多額の損...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3008文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

ジリアン・テット

Gillian Tett 英国生まれ。93年FT入社、ソ連崩壊時に中央アジア諸国を取材、97~2003年東京支局長を経て現在、FT米国版編集長。2008年にBritish Business Journalist of the Yearを受賞。2009年には「愚者の黄金 大暴走を生んだ金融技術」で英Financial Book of the Yearを受賞。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン