/

ベトジェット、中部・福岡路線を開設 9月に羽田便再開

【ハノイ=大西智也】ベトナムの大手格安航空会社(LCC)ベトジェットエアは、ベトナムの首都ハノイと中部国際空港(愛知県常滑市)、福岡空港(福岡市)を結ぶ新路線2路線を就航した。拡大が続くベトナム人の技能実習生の需要などを見込む一方で、日本からベトナムへの観光客の利用も取り込む。

2日からハノイ―福岡は週3便、ハノイ―中部は週4便で順次運航を始めた。両路線とも飛行時間は片道約5時間。同社は2020年1月に両路線の開設を発表していたが、直後に新型コロナウイルスの流行が始まったため、開設時期を検討していた。同社は9月にダナン―羽田も再就航させる方針で、運航便数を新型コロナ前の状況に徐々に戻す考えだ。

ベトジェットは07年設立。東南アジア有数のLCCで、アジア各国への就航を増やしている。17年には日本航空とも提携している。ベトナムは今年3月中旬に約2年ぶりに外国人観光客の受け入れを再開した。新型コロナに関する入国制限は既に撤廃しており、ベトナム航空も休止していた路線の再開を進めている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン