/

この記事は会員限定です

ベトナム、揺れる新興財閥 政府と蜜月の成長に転機

[有料会員限定]

【ハノイ=大西智也】ベトナムで急成長を遂げてきた新興財閥が揺れている。航空3位バンブー航空を傘下に持つFLCグループで3月末、創業トップが株価操作の容疑などで逮捕された。汚職撲滅に力を入れる当局が締め付けを強めようとしているとみる向きもある。一党支配の共産党・政府との「蜜月」で躍進した新興勢の経営が転機を迎える可能性がある。

FLC創業トップ逮捕

逮捕されたのはFLC創業者のチン・バン・クエッ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1976文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン