/

この記事は会員限定です

中国、米への情報流出警戒 成長より統制優先の滴滴調査

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

【北京=多部田俊輔、上海=松田直樹】中国のネット規制当局は5日までに中国配車アプリ最大手の滴滴出行(ディディ)などネット企業3社に対し、国家安全上の理由で審査を始めた。3社は米市場に上場したばかりだった。データが企業や国家の競争力を左右するなか、中国当局は対立する米国などへのデータ流出を強く警戒するが、中国企業のグローバル成長に悪影響が出る恐れもある。

中国のネット規制当局は4日に滴滴のアプリで個...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1255文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン