/

韓国でオミクロン型感染12人に 市中感染拡大

【ソウル=細川幸太郎】韓国政府は5日、新型コロナウイルスの新たな変異型「オミクロン型」の感染者数が計12人になったと発表した。ナイジェリアから帰国した40代夫婦から家族や知人、同じ飲食店内に立ち寄った人などへと感染が広がっている。感染者が教会での800人規模の礼拝に参加しており、今後も感染者が増える可能性がある。

韓国で初めてオミクロン型の感染が確認されたのは1日。ナイジェリアから帰国した夫婦で、帰国時に空港から自宅まで知人男性の車に乗ったものの、防疫専用タクシーに乗ったと虚偽申告したという。結果的に防疫当局の対応が遅れ、この知人男性からウイルスが拡散した。

知人男性は妻と義母、知人、飲食店内にいた人などにオミクロン型の感染を広げたことがわかっている。さらに妻と義母が教会での礼拝に参加しており、防疫当局は礼拝に参加した800人余りの感染確認を進めている。礼拝に参加した人のうち複数人のコロナ感染が確認されており、オミクロン型かどうかを調べている。

韓国では連日過去最多水準の5000人超の感染確認が続いている。特に感染が深刻なソウル市では重症者用の病床稼働率が91%となっている。

政府は11月に始めた飲食店の営業制限などの緩和策を休止し、12月6日からは私的な集まりの人数を首都圏で6人までに制限した。段階的な「日常回復策」は開始1カ月余りで見直しを迫られた格好だ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 国内 海外 感染状況 論文・調査 Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン