/

マグロの危機ランク引き下げ 「レッドリスト」公表

(更新)
漁獲枠の設定や違法漁業の取り締まりが奏功した(1月、豊洲市場)

【ジュネーブ・ロイター=時事】国際自然保護連合(IUCN)は4日、絶滅の恐れがある野生生物を掲載した「レッドリスト」の最新版を公表した。13万8374種の動植物などについて4分の1以上が絶滅の危険があると警告した一方、マグロでは改善が見られたとして、危機ランクを引き下げた。

大西洋クロマグロは「危機」から「低懸念」に、ミナミマグロは「深刻な危機」から「危機」にランクが下がった。また、ビンナガマグロとキハダマグロは「低懸念」に分類された。

いずれも漁獲枠の設定や違法漁業の取り締まりが奏功した。IUCNの担当者は「いいニュースだ。われわれに何ができるかを示している」と話した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン