/

米、金融の透明性確保努力 パンドラ文書で

【ワシントン=共同】サキ米大統領報道官は4日の記者会見で、国際調査報道ジャーナリスト連合(ICIJ)が入手した「パンドラ文書」の報道を受け「バイデン大統領は米国内外の金融システムに、さらなる透明性をもたらすために取り組んでいる」と強調した。

これまでに署名した大統領覚書によって、金融取引規制が緩和された国外を含め「米国内外の不正で不透明な金融取引を減らす取り組みを強化した」とも説明した。

プライス国務省報道官も電話記者会見で、米政府は「金融の透明性」を重視していると指摘。ペーパーカンパニーの背後にいる受益者の情報開示を可能にするための対策強化にも触れた。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン