/

この記事は会員限定です

東南アジア、衛星ネット黎明期 スペースX参入で号砲

[有料会員限定]

【マニラ=志賀優一】東南アジアで衛星通信を活用したインターネットサービスが広がり始めた。イーロン・マスク氏率いる米スペースXはフィリピンを皮切りに各国で展開を目指すほか、地元の通信大手やスタートアップも展開を急ぐ。島国が多い東南アジアは、利用者や利用時間の多さに対して通信品質は他の地域に劣る。高品質な衛星ネットの広がりで産業育成や地政学リスク対応をもくろむ。

「スターリンクがフィリピンで事業認可...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1809文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン