/

この記事は会員限定です

ファーウェイ、難路の世界展開 中国依存度は7割に上昇

ビッグBiz解剖㊦

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

西アフリカのセネガルで6月、約7000万ユーロ(約90億円)を投じた大型データセンターが稼働した。「今後は各州のデータを全てここに集約する」。地元メディアによると、サル大統領は稼働式典でこう語った。この施設は中国政府からの融資を受けて建設され、通信インフラを中国通信機器最大手、華為技術(ファーウェイ)が担う。

米政府はファーウェイの通信機器について、安全保障上の懸念があるとの理由から高速通信規格「...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1564文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン