/

この記事は会員限定です

中銀「ドル依存」見直し ロシア資産凍結で転機

中国「SWIFTより打撃」

[有料会員限定]

米欧日がロシアへの経済制裁で中央銀行資産の凍結に踏み切ったことで、中国などの新興国が外貨準備の運用方法を見直す可能性が浮上している。外貨準備は市場混乱時の為替介入や金融危機時の債務返済などに備えてため込んだ金融資産で、基軸通貨である米ドル建てが大半を占めてきた。凍結によって自由に使えなくなる事態を目の当たりにし、中長期でドル依存を見直す動きが広がる可能性がある。

2月4日の中ロ首脳会談で両国は天...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1454文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

ウクライナ侵攻

ロシア軍がウクライナに侵攻しました。戦況や世界各国の動き、マーケット・ビジネスへの影響など、関連する最新ニュースと解説をまとめました。

■戦況  ■マーケット・金融への影響  ■ビジネスへの影響  ■調査報道

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン