/

この記事は会員限定です

ASEAN特使、スー・チー氏との面会の可否焦点に

[有料会員限定]

【ヤンゴン=新田裕一】東南アジア諸国連合(ASEAN)は4日、オンラインの外相会議で、国軍が全権を掌握したミャンマーに議長国ブルネイのエルワン第2外相を特使として派遣することで合意した。民主化指導者アウン・サン・スー・チー氏ら政変で弾圧された民主派との面会が実現するメドは現時点でたっていない。

国軍は同じく軍部が政治の主導権を握るタイのウィラサック元外務副大臣を選任するよう求めてきた。スー・チー氏...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り924文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

ミャンマー国軍は2021年2月1日、全土に非常事態を宣言し、国家の全権を掌握したと表明しました。 アウン・サン・スー・チー国家顧問率いる政権を転覆したクーデター。なぜ起きたのでしょうか。 最新ニュースはこちら。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン