/

ASEANとEU、航空自由化交渉が完結 初の地域間合意へ

【シンガポール=谷繭子】東南アジア諸国連合(ASEAN)と欧州連合(EU)は4日、両地域間の航空便数を自由化する包括的航空協定の交渉を完結したと発表した。法律に照合する手続きを経て、後日、合意する。地域間の航空協定は世界初。新型コロナウイルス禍で航空業界は打撃を受けているが、人や物資の輸送拡大を後押ししそうだ。

ASEANとEUは2016年から交渉を続けていた。交渉団は2日にオンラインで協議し、大筋で合意した。両地域の間の旅客・貨物便の便数や座席数・貨物搭載量では制限を設けない。互いの地域を経由して第三国へ運航する場合、または第三国経由で地域間を運航する場合は、旅客便は週14便までとし、貨物便は制限なしとする。

航空合意は通常、2国間で取り決めるが、地域間で合意することで、各国と個別に交渉しなくても路線拡大や見直しが迅速にできるようになる。既存の2国間合意で制限が多い国の航空会社は、路線設定の自由度が高まる。

ASEAN側の運輸閣僚議長を務めるカンボジアのスン・チャントール公共事業運輸相は「ASEANとEUの接続性が大幅に高まり、ビジネス、貿易、観光、人と人のつながりの面で両地域の人々が恩恵を受ける」と述べた。航空の安全、消費者保護、環境などの面でも協力を深める。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン