/

イラン、韓国船籍の石油タンカー拿捕

(更新)

【テヘラン=共同】イラン革命防衛隊は4日、国際海上輸送の大動脈であるホルムズ海峡近くのペルシャ湾で4日朝、韓国船籍の石油タンカー1隻を拿捕(だほ)したと発表した。石油タンカーをイラン南部の港に移送して、乗組員を拘束した。

革命防衛隊は、タンカーが「海洋環境に関する法律に違反した」と主張している。乗組員の国籍は韓国、インドネシア、ベトナム、ミャンマーという。タンカーは石油化学製品を運搬していた。

AP通信によると、タンカーはサウジアラビアからアラブ首長国連邦(UAE)東部フジャイラに向かっていた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン