/

この記事は会員限定です

ZHD、AI活用で基本方針 多様性や公平性を担保

[有料会員限定]

ヤフーやLINE(ライン)を傘下に持つZホールディングス(HD)は人工知能(AI)の活用に関する基本方針を策定した。AIは労働力不足の解消や社会の利便性の向上に貢献する半面、差別的な評価や人権を侵害する可能性についても指摘されている。AIによるイノベーションを目指しつつ、基本方針をもとに負の側面を抑止する。

2021年6月に「AI倫理に関する有識者会議」を設置し、5回の会議を経て「AI倫理基本方...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り328文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン