/

この記事は会員限定です

アント、金融持ち株会社への転換計画

当局の監視、規制を受け入れ

[有料会員限定]

【上海=張勇祥】アリババ集団傘下の金融会社、アント・グループが金融持ち株会社への転換を計画していることが分かった。中国当局の求めに応じ、監督や金融規制を全面的に受け入れる。アントは当局と事実上合意しているもようだが、当局の発表までに変更が加わる可能性がある。

アントの事情に詳しい関係者が明らかにした。持ち株会社にはスマートフォン決済の「支付宝(アリペイ)」のほか、与信業務、運用商品や保険の販売事業...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り489文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン