/

この記事は会員限定です

中国国産機、苦肉の海外進出 「型式証明」なお未取得

インドネシアの中国系地域航空 運航申請

[有料会員限定]

中国国有旅客機メーカー、中国商用飛機(COMAC)が航空機リースの中国飛機租賃集団(CALC)と組み、海外進出を果たそうとしている。CALCが出資するインドネシアの地域航空会社が、中国初の国産ジェット旅客機の運航をインドネシア運輸省に申請した。中国勢は資本力で難路を乗り越える苦肉の策で、海外の航空会社への初めての納入につなげる。

2021年12月、上海浦東国際空港からCOMACが開発したリージョ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1608文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン