/

この記事は会員限定です

金正恩氏、父の「遺産」削除 党規約で独自性模索

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)総書記が改正した朝鮮労働党の規約の内容が6月上旬、明らかになった。祖父の故金日成主席や父、故金正日総書記を神格化したイデオロギーを削り、「人民大衆」を重視するという自らのスローガンを明記した。

今年は最高指導者に就いて10年目だが、なお統治の安定を必死で模索する姿が浮かぶ。

規約は今年1月の党大会で改正されたが、詳しい内容はわからなかった。北朝鮮で党規約は憲法より...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1347文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン