/

この記事は会員限定です

インド、製造業保護へ関税上げ 太陽光や携帯など30品目

対中依存引き下げ目指す

[有料会員限定]

【ニューデリー=馬場燃】インドは地場製造業の振興に向け、2月初旬に約30品目の関税を引き上げた。中国からの輸入が多い太陽光発電や携帯電話などに関連する部品を対象としている。2020年11月に東アジアの地域的な包括的経済連携(RCEP)への参加を見送ったインドは、貿易保護主義をさらに強めそうだ。

太陽光の関税では電気を家庭や工場で使えるように変換する電源回路装置や照射器を従来の5%から15~20%に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1186文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン