/

この記事は会員限定です

ミャンマーのクーデター情報戦、主役はSNS

[有料会員限定]

【バンコク=岸本まりみ、ヤンゴン=新田裕一】ミャンマーで起きたクーデターで、全権を握った国軍がSNS(交流サイト)の情報統制を強めている。同国の通信大手は4日、当局の命令でミャンマー国内からのフェイスブックへの接続を遮断した。クーデターではかつては電話やラジオ、テレビが統制の対象だったが、いまや情報発信の主役はSNSだ。国軍は市民の情報発信源であるSNSの利用を制限し、抵抗運動を抑えようとしている...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1014文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン