/

日米が台湾にワクチン提供、中国は「政治利用」と反発

think!多様な観点からニュースを考える
蔡英文(ツァイ・インウェン)総統は、日米のワクチン提供に深く感謝した=AP

【台北=中村裕】新型コロナウイルスの感染が急増する台湾に対し、日米が相次ぎワクチンを提供することが決まった。日本からは4日午後、124万回分のワクチンが台湾に到着した。米国も3日、台湾などアジアに700万回分を提供すると発表した。ただ中国は日米の行為を政治利用が目的だとして強く反発している。

台湾に4日到着したのは、日本で生産された英アストラゼネカが開発したワクチン。日本では副作用などを総合的に判断し当面、公的接種では使用しないと決めたばかりだ。だが台湾では感染者が急増し、ワクチンが不足している緊急性も考慮し、提供が決まった。

台湾の外交部(外務省)は4日、「日本も新型コロナで深刻な状況にもかかわらず、台湾に迅速な支援を決め、心から感謝する。貴重な友人だ」との声明を発表した。

米国も3日、国際的なワクチン供給の枠組み「COVAX(コバックス)」を通じ、詳細は未定だが、台湾へのワクチン供給を決めた。外交部は4日、「米国の迅速な支援と、温かい心遣いに感謝する」と述べた。

ただ、今回の日本からの提供分を合わせても、台湾が4日時点で確保できたワクチンは累計で約210万回分。全人口2360万人の1割に満たず、接種率も2%程度にとどまる状況で、ワクチン不足が解消されたことにはならない。

新型コロナを長く抑えていた台湾では、5月中旬から一気に感染が広がり、累計感染者が約1万人に膨れ、ワクチン不足の課題が急浮上した。いち早く中国が台湾へのワクチン提供を申し入れたが、台湾当局は「中国のワクチンは怖くて使えない」とし、強く拒否する状況にあった。

中国は、こうした台湾の日米中で異なる対応の違いに強く反発している。外務省の汪文斌副報道局長は5月31日の記者会見で「我々は台湾の同胞のために(ワクチン提供などで)最善を尽くす意思を繰り返し表明してきた。だが(台湾与党の)民主進歩党が善意を踏みにじり、中国から台湾へのワクチン輸入を妨害している」と語った。

その上で日本の台湾への支援については「新型コロナ対策を政治的なショーに利用しており、中国への内政干渉に断固反対する」などと批判した。

台湾では域内のメーカーによる「国産」ワクチンの開発や、当局による調達努力が今なお続く。だが大量調達の確保には至っておらず、政権への批判も強まっている。

こうした状況に、蔡英文(ツァイ・インウェン)総統は5月26日、党内の会議で「(台湾当局のワクチン調達の動きに)中国が介入し、契約が進まず、今まで遅れている」と明かし、中国に対して強い不快感を示している。

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン