/

この記事は会員限定です

東南アジア新興、代替肉で台頭 健康・環境志向が追い風

シンガポールなどに生産設備 量産体制や価格に課題

[有料会員限定]

東南アジアで植物由来の原料や培養技術を使って、代替肉や代替魚介類を開発・製造する新興企業が台頭している。シンガポールのグロースウェル・フーズなどが工場の新増設を急いでいる。健康や環境への意識が高い若い世代が域内で増えていることが追い風で、政府や投資マネーも成長を後押しする。欧米が先行していた食品テック分野でアジア勢が急速に追随する形だ。

「触ってみてください。歯応えも本物の肉そっくりですよ」。11...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1673文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン