/

米韓首脳「日韓関係の改善を」 初の電話協議

(更新)
電話協議したバイデン米大統領㊧と韓国の文在寅大統領=ロイター

【ソウル=恩地洋介】バイデン米大統領と韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は4日、電話で約30分間協議した。韓国側によると、両首脳は日韓関係の改善と日米韓の協力関係が「地域の平和と安定に重要だ」との認識で一致した。1月20日にバイデン政権が発足して以来、初めての電話協議となる。

両首脳は米韓同盟の強化を目指す方針を確認した。韓国大統領府によると、協議では「朝鮮半島とインド太平洋地域の協力を超え、民主主義や人権に寄与する包括的戦略同盟」という表現を使った。文氏は協議後、ツイッターで「韓米同盟をもう1段階アップグレードすると約束した」と明らかにした。

米朝対話を巡っては、早期に包括的な対北朝鮮戦略をまとめる必要があるとの考えで一致した。文氏が「朝鮮半島の非核化へともに努力しよう」と呼び掛け、バイデン氏は「韓国と共通の目標のため、緊密に協力していく」と応じた。

クーデターで国軍が暫定統治するミャンマー情勢についても意見を交わした。懸念を共有し「民主的、平和的な問題解決へ協力する」と確認した。

米朝対話の再開を望む文政権は、バイデン政権との関係強化を最優先の外交課題に据えている。文氏はツイッターに「新型コロナウイルスや気候変動、経済の両極化など世界的危機での『米国の帰還』を歓迎した」と投稿した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン