/

この記事は会員限定です

習氏の執務室を飾る写真と赤電話 北京ダイアリー 

中国総局長 高橋哲史

[有料会員限定]

習近平(シー・ジンピン)国家主席の執務室は天安門の西側に広がる「中南海」にある。中国共産党や国務院(政府)の中枢が集まる一帯だ。毎年12月31日の夜、習氏はここから国民に向けて新年のメッセージを送る。

「われわれは感染症の影響を克服し、防疫と経済発展の両立で大きな成果を上げた」。今年2021年を迎えるにあたって、習氏が真っ先に自賛したのはもちろん、新型コロナウイルスへの対応だ。

感染の拡大をほぼ抑...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1227文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン