/

この記事は会員限定です

中国CATL、車載電池5倍増産 1.5兆円投資でEV取り込み

政策も追い風 韓国勢など引き離し

[有料会員限定]

中国の車載電池最大手、寧徳時代新能源科技(CATL)が矢継ぎ早の増産に動く。最大290億元(約4700億円)を投じて3工場を新増設すると発表した。直近1年間で公表した投資は1兆5000億円規模に達し、生産能力は今後5年で5倍に増える見通し。電気自動車(EV)の需要拡大や中国の政策を追い風に、韓国LG化学やパナソニックなどの競合を引き離す。

CATLが2日に発表した投資計画は3カ所。中国広東省で工場を新設するほ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1209文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン