/

この記事は会員限定です

中国・香港、環境債が倍増 官主導でグリーン覇権ねらう

[有料会員限定]

【香港=木原雄士】中国と香港でグリーンボンド(環境債)の発行が急増している。調達した資金を環境関連の事業に充てるとするもので、2021年の発行額は714億ドル(約8兆1000億円)と20年の2.2倍に達した。金融ハブとしての地位向上に向け、官主導でグリーン金融の覇権を狙うが、質の確保など課題も多い。

「強力な政策推進と、資産の多様化を進める投資家によって中国・香港の環境債市場が活気づいている」。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2024文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン