/

この記事は会員限定です

中国当局、車載半導体で調査、独禁法違反の疑いで

[有料会員限定]

【北京=多部田俊輔】中国政府は3日、自動車に搭載する半導体の価格をつり上げて独占禁止法に違反した疑いがあるとして半導体販売会社の調査を始めたと発表した。世界的な半導体不足により、中国でも日系を含めた自動車メーカーは調達難に陥っている。中国メディアによると、従来の5倍以上に値上がりした半導体もあるという。

独禁法を管轄する国家市場監督管理総局によると、車載半導体の価格つり上げなどについての通報を受け...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り490文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン