/

「一つの中国」とは 政策と原則、米中で認識は異なる

きょうのことば

▼「一つの中国」 中国本土と台湾は「不可分の領土」であり、台湾は「中華人民共和国」の一部であると中国政府は主張する。中国はこれを「一つの中国」原則と呼ぶ。第2次世界大戦後、中国では毛沢東が率いる共産党が内戦に勝利し、蔣介石の国民党は台湾に逃れた。米国は当初、国民党を支援したが、1972年にニクソン米大統領が電撃訪中し、79年に中国と国交を樹立、台湾と断交した。

78年の米中共同声明は「米国は中華人民共和国が中国の唯一の合法政府であると承認(recognize)する」と明記。一方で「中国はただ1つで、台湾は中国の一部であるという中国の立場」について「米国は認識(acknowledge)する」との表現を使った。「認識はしたが、承認したかはあいまいだ」とみる専門家もいる。米国政府は「一つの中国」政策と呼ぶ。

一方で米国は79年、中国と国交を結んだ直後に「台湾関係法」を制定した。「平和的な手段以外で台湾の将来を決定しようとする試みは、地域の平和と安全に脅威だ」と明記。台湾への武器提供などを定めた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン