/

この記事は会員限定です

[FT]南シナ海にくさびを打ち込む中国

[有料会員限定]

中国の戦闘機の一団が先週、米軍の空母への攻撃のシミュレーションをした際、中国政府はある警告を発していた。

中国の戦略爆撃機「H6K」6機が戦闘機「殲16」4機に脇を固められて台湾の防空識別圏(ADIZ)に侵入したのは、米空母セオドア・ルーズベルトが南シナ海に入ろうとしたときだった。南シナ海は、中国が領有権を主張しているが、米政府はすべての国・地域の航行の自由を断固主張している係争海域だ。

「あの作...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2391文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン