/

香港の李嘉誠氏、医療スタッフに商品券 9.7万人に

李嘉誠氏が医療関係者に送ったカード(基金会のフェイスブックから)

【香港=木原雄士】香港の著名実業家、李嘉誠氏が個人資産で設立した慈善団体は3日、香港の公立病院のすべての医師や看護師ら9万7000人にそれぞれ200香港㌦(約2700円)分の商品券を送った。「いつも香港人の健康を守ってくれてありがとう」とのメッセージを添え、新型コロナウイルスへの対応に謝意を示した。

李氏は2019年の大規模デモの際も中小企業向け支援を打ち出し「政府の対策よりも迅速で効果的」との声があがった。20年2月には独自に調達したマスクを医療関係者に配っていた。

李氏は「すべての香港人と同じように心の中で拍手します」と記した。林鄭月娥(キャリー・ラム)行政長官は医療関係者に謝意を示すとして、政府高官が延々と拍手するだけの動画をフェイスブックに投稿したことがある。SNS(交流サイト)では「実際に行動した李氏の方が政府よりはるかに優秀だ」と皮肉る声が出ている。

香港は20年11月から感染第4波に見舞われ、一部で強制検査など厳しい防疫措置が続いている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン