/

香港、消えゆく言論の自由 天安門事件から32年

追悼集会を禁止、統制強まる

4日、ビクトリア公園を封鎖する香港警察=AP

【香港=木原雄士、北京=羽田野主】中国で民主化を求める学生らを軍が鎮圧した1989年の天安門事件から4日で32年となった。習近平(シー・ジンピン)指導部は7月の中国共産党創立100年を控え、統制を強めている。言論の自由が保障されていた香港でも追悼集会が禁止され、数千人の警察官が厳戒態勢を敷いた。

4日午後、香港大学の学生が構内にある事件の慰霊碑を磨いた。毎年6月4日に実施している恒例行事だ。参加した学生は「何も間違ったことはしていないが、こうした行事に参加するリスクは前より高い」と話した。

4日、香港大学の学生が天安門事件の慰霊碑を磨いた

香港では2020年6月末に香港国家安全維持法が施行され、政治活動への締め付けが一気に強まった。民主派が次々と収監され、天安門事件の真相究明や中国の民主化を長年訴えてきた李卓人氏や何俊仁氏も刑務所に入った。

香港政府は香港島のビクトリア公園で毎年開かれる大規模な追悼集会を新型コロナウイルス対策を名目に禁止した。警察は4日朝、それでも公園に行くと宣言していた民主派団体幹部の鄒幸彤氏を逮捕し、午後には公園の一部を封鎖した。

天安門事件は中国本土ではタブー視され、公に語られることはほぼない。香港は中国国内で事件を語り継ぐ数少ない場所だったが、状況は一変した。昨年の追悼集会に参加した活動家の黄之鋒(ジョシュア・ウォン)氏らは後に実刑判決を受けた。事件の関連資料を展示する「六四記念館」も一時閉館に追い込まれた。

習指導部は本土で事件を示す「六四」をインターネットで検索できなくするなど、徹底した情報統制を敷く。北京の天安門広場では4日、多くの警察官が警戒にあたった。党創立100年の節目を控え、党や政府への批判を封じるねらいだ。

国際人権団体ヒューマン・ライツ・ウオッチの王亜秋氏は「習氏が権力を握ってから中国本土の人権状況は著しく悪化した。あらゆる追悼活動を抑圧し、小規模な集まりでさえ禁止している」と指摘する。

中国外務省の汪文斌副報道局長は3日の記者会見で、事件を「政治風波(騒ぎ)」とし「中国が選んだ発展の道は完全に正しかった」と従来の見解を繰り返した。

中国共産党系メディア・環球時報の胡錫進編集長は3日、ツイッターに「『国家の暴力』を糾弾するなら、米連邦議会で起きた弾圧を先に糾弾しなければならない」と書き込んだ。1月にトランプ大統領(当時)の支持者らが議会の議事堂に乱入し、死傷者が出たことを引き合いに米国をけん制した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン