/

この記事は会員限定です

マイクロソフト、豪で検索拡大に意欲 グーグルと一線

記事使用料支払い「快くルールに従う」

[有料会員限定]

【シドニー=松本史】米マイクロソフトのブラッド・スミス社長は3日に声明を出し、オーストラリアの検索市場でのシェア拡大に意欲を示した。豪政府は米グーグルなどIT(情報技術)大手にネットサービス上で表示する記事の使用料支払いを義務付ける法案を議会に提出し、反発したグーグルが豪検索市場からの撤退を示唆していた。

スミス氏は声明で、サティア・ナデラ最高経営責任者(CEO)とともに1月下旬にモリソン豪首相と...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り559文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン