/

この記事は会員限定です

東南アジアの供給網、回復急ぐ 拠点分散の動きも

(更新) [有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

新型コロナウイルスの感染拡大で大幅な減産を迫られた東南アジアのサプライチェーン(供給網)が回復を急ぐ。ベトナムでは古河電気工業が11月中にフル生産が可能な態勢をめざす。米スポーツ用品大手ナイキの約200社の協力工場も生産を再開した。ただコロナの再拡大に備え生産拠点を分散させる動きも出始めており、供給網の見直しが進む可能性がある。

「(工場サイドでは)顧客からの要求に応えられる態勢に戻った」。古河電工の小林敬一...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1651文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン