/

この記事は会員限定です

インドネシア、潜水艦3倍めざす 日本は購入意向調査

[有料会員限定]

【ジャカルタ=地曳航也】インドネシアは海軍力を増強する。海軍の潜水艦が沈没し全乗員53人の死亡を断定して25日で1カ月となった。中国の海洋進出が活発になるなか、事故を踏まえて潜水艦の配備体制を強化する。最大で現行の3倍となる12隻の保有をめざす。護衛艦の調達も拡大する。

複数のインドネシア国防当局関係者が明らかにした。海軍は保有していた潜水艦5隻のうちの1隻「KRIナンガラ402」を沈没で失った。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1160文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン