/

この記事は会員限定です

[FT・Lex]宇宙開発事業、SPACに残された最後の開拓地

[有料会員限定]
Financial Times

人生は時に携帯電話の絵文字を模倣する。SNS(交流サイト)で株価の予想屋は、上昇するとみる銘柄についてロケットの絵文字をちりばめてネットに投稿する。時価総額41億ドル(約4400億円)で、上場する予定の「ロケット・ラブ」は本物のロケットを扱う。同社は1日に特別買収目的会社(SPAC)経由の上場を発表した宇宙関連企業2社のひとつだ。SPACとの合併による上場は増える一方だ。

金融情報会社リフィニティ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1334文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン