/

金与正氏、韓国国防相に警告 「先制打撃発言」に反発 

【ソウル=恩地洋介】北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)総書記の妹で、朝鮮労働党副部長の金与正(キム・ヨジョン)氏は2日、北朝鮮への先制打撃能力に言及した韓国の徐旭(ソ・ウク)国防相を非難する談話を発表した。「南朝鮮(韓国)は国防相の妄言のせいで深刻な脅威に直面し得る」と警告した。

談話は朝鮮中央通信が3日に報じた。金与正氏は徐旭氏を「核保有国を相手に『先制攻撃』をむやみにうんぬんした。狂人でくずだ」と罵倒。「南朝鮮に対する多くのことを再考する。惨事を避けようとするなら自粛すべきである」と強調した。

金与正氏は「委任により厳重に警告する」とも指摘しており、談話は金正恩氏の意向であることをうかがわせた。

軍事を担当する朴正天(パク・ジョンチョン)党書記も2日付で談話を出し「南朝鮮軍が先制攻撃のような危険な軍事的行動を取るなら、わが軍隊は強い軍事力をソウルの主要標的と南朝鮮軍を壊滅させることに集中する」と警告した。

韓国メディアによると徐旭氏は1日、韓国軍のミサイル部隊の組織改編式で「北朝鮮のミサイル発射の兆候が明確な場合には、発射地点や指揮・支援施設を精密に打撃できる能力と態勢を備えている」と発言した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン