/

韓国大統領選 保守・中道、尹氏に候補一本化

think!多様な観点からニュースを考える

【ソウル=恩地洋介】韓国大統領選に立候補した保守系最大野党「国民の力」の尹錫悦(ユン・ソクヨル)前検察総長と、中道野党「国民の党」の安哲秀(アン・チョルス)代表は3日午前に記者会見し、候補一本化で合意したと表明した。安氏が退き、尹氏が統一候補となる。

安氏は「政権交代のため一致団結する。尹候補を支持することにした」と宣言し、尹氏は「必ず勝利する」と語った。9日の投開票まで1週間を切るなか、選挙戦は政権交代を掲げる保守の優勢に傾く可能性が高まった。

尹、安両氏の一本化は、安氏が候補者登録(告示)の2月13日に提案した。ただ、一般国民を対象とする世論調査で選ぶ方式を示したため、尹氏は回答を留保。その後、両陣営が水面下で交渉を進めたがまとまらず、27日に安氏側が決裂を通告していた。

両氏は2日夜のテレビ討論の後、3日未明にかけてソウル市内で会談した。4日に期日前投票が始まることから、3日が一本化が可能な事実上の最終期限と判断したとみられる。

終盤戦に入った大統領選は、尹氏と与党「共に民主党」の李在明(イ・ジェミョン)前京畿道知事が激しく競り合っている。政権交代を求める世論は根強く「反・文在寅(ムン・ジェイン)政権」を掲げる尹氏と安氏の一本化が情勢を左右する焦点となっていた。

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
投稿チェック項目URLを投稿文中に入力する場合は、URLの末尾にスペースか改行を入れてください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン