/

この記事は会員限定です

韓国百貨店、らしさ捨て逆風下で出店攻勢

[有料会員限定]
NIKKEI MJ

韓国で2021年、百貨店大手3社による出店ラッシュが起きている。現代百貨店は2月末、異色の新店をソウル市内にオープン。巨大な屋内庭園を配置し、米アマゾン・ドット・コムと組んで無人店舗を導入した。ネット通販の攻勢で逆風下にある各社が従来型の百貨店モデルから脱却し、未来の店舗像を探る。かつて手本とした日本の百貨店モデルとかけ離れた変革に動き始めた。

国会議事堂や証券取引所が位置する政治と金融の中心地、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3085文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経MJ

創刊50周年を迎えたマーケティングの専門紙「日経MJ」のコンテンツをまとめてお読みいただけます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン