/

この記事は会員限定です

人口減の韓国で出生率2.46の自治体 その秘密は?

ソウル支局長 鈴木壮太郎

[有料会員限定]

韓国では2020年の合計特殊出生率(1人の女性が生涯に産む子どもの推定数)が0.84で、過去最低を更新した。人口減が始まったこの国で、出生率が2.46と突出して高い自治体がある。南西部にある全羅南道霊光郡だ。人口5万人あまりの小さなまちがなぜ、韓国一の出生率を記録しているのか。

首都ソウルから高速鉄道KTXとタクシーを乗り継いで2時間半。霊光郡はのどかな海辺のまちだ。韓国では祝い事の食卓に欠かせな...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1565文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

いま韓国・北朝鮮で何が起きているのでしょうか。 朝鮮半島の情勢は、日本の政治や経済に大きく関わっています。 このコラムでは、いま日本が知っておくべき朝鮮半島の政治・経済の裏側や、日本社会への影響などについて、日本経済新聞独自の視点でお伝えします。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン