/

韓国SK、水素インフラに1.7兆円 充塡施設100カ所整備

SKは米水素燃料のプラグパワーの筆頭株主となり事業ノウハウを吸収する(プラグパワーの水素燃料運搬車)

【ソウル=細川幸太郎】韓国SKグループは2日、次世代エネルギーである水素燃料のインフラ整備に今後5年間で18兆ウォン(約1兆7000億円)を投資すると発表した。液化水素の生成プラントを建設し、年間28万トンの生産能力を確保。燃料電池車(FCV)に水素燃料を充塡する水素ステーションを韓国内に100カ所設置する計画だ。

まず2023年までに、SKが仁川(インチョン)市に持つ石油化学プラントの敷地内に約5000億ウォンかけ、液化水素プラントを建設する。仁川市と協力して市内に水素関連産業の集積を目指しており、現代自動車もこのプロジェクトに参画してFCVや燃料電池バスなどを導入する。

SKは同市で水素燃料の生産や貯蔵、流通の事業ノウハウを蓄積した上で、全国に展開する。25年までに水素ステーションを100カ所整備するほか、水素燃料の専用パイプラインの敷設も始める。約400メガワット規模の燃料電池発電所も建設する予定という。

同日に開いた政府主催の水素エネルギー普及についての会議で、SKの崔泰源(チェ・テウォン)会長は「水素燃料は天候に左右されず、狭い地域でも生産可能で、韓国の環境に適したクリーンエネルギーだ」と話した。

SKは1月に米燃料電池メーカーのプラグパワーに1兆6000億ウォンを出資し、水素燃料の事業ノウハウを吸収すると発表した。油田開発から石油精製、給油所運営を手掛ける「石油のSK」が水素インフラの担い手として事業モデルを確立する方針を示していた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン