/

この記事は会員限定です

よくわかるオーストラリア総選挙 9年ぶり政権交代焦点

義務投票制・優先順位付き連記投票制度、独特な選挙の仕組みも解説

[有料会員限定]

【シドニー=松本史】オーストラリアで5月21日に実施される総選挙(下院選)まで残り10日となった。豪州は日米インドと対中包囲網を築く枠組み「Quad(クアッド)」を構成、日本にとっては「準同盟国」に当たり安全保障面で結びつきが深い国だ。足元の世論調査では野党・労働党の優勢が伝えられる。9年ぶりの政権交代が起きた場合、何が変わるのか。二大勢力の党首や、独特な選挙の仕組みについて解説する。

3年に1度、上下両院選挙が一般的

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2846文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン