/

この記事は会員限定です

アリババ、純利益52%増 10~12月期 先行き不透明感

張CEO「当局調査に協力」

(更新) [有料会員限定]

【上海=松田直樹】中国のインターネット大手、アリババ集団が逆風にさらされている。中国当局は2020年12月にアリババの独占疑惑を巡って調査を始め、アント・グループは新規株式公開の延期を迫られた。同社の張勇会長兼最高経営責任者(CEO)は2日夜の決算会見で「社内に専門の調査チームをつくり、当局に積極的に協力している」と強調した。

アリババの足元の業績は好調だ。2日夜に発表した20年10~12月期決算...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り776文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン