/

香港民主派47人、異例のマラソン公判に 一括審理で混乱

2日、裁判所へ移送される戴耀廷・元香港大学副教授=ロイター

【香港=木原雄士】香港の裁判所は3日、香港国家安全維持法の国家政権転覆罪で起訴された47人の公判を3日続けて開いた。47人をまとめて審理し、1日の初公判は日付をまたいで14時間の「マラソン法廷」となった。体調を崩して病院に運ばれる被告が出るなど、異例の事態になっている。

47人は立法会(議会)選挙に向けた2020年の予備選に絡み、政権転覆を企てた疑いが持たれている。公判では弁護人が一人ひとりの保釈を請求し、検察側が反論するやり取りが続いた。1日は14時間、2日は10時間かかった。2月28日に拘束・起訴され4日間同じ服を着ている被告も多い。

香港国家安全法は「国家の安全を害する行為をしないと信じる十分な理由がない限り、裁判官は保釈を認めてはならない」と定める。同法で起訴された香港紙創業者・黎智英(ジミー・ライ)氏はいったん保釈が認められたものの、中国共産党機関紙が裁判所の決定を批判。最終的に保釈決定が取り消された。

起訴状は戴耀廷・元香港大学副教授や東大大学院に在籍する元議員の区諾軒氏ら5人が予備選で中心的な役割を果たしたと指摘した。中国政府高官は47人のうち、戴氏や服役中の黄之鋒(ジョシュア・ウォン)氏を名指しして「法律で厳しく処罰されなければならない」と批判しており、拘束が長引く可能性も指摘されている。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン