/

この記事は会員限定です

中国、外相会談の地方開催続く 首都のコロナ防疫最優先

[有料会員限定]

【北京=羽田野主】中国の習近平(シー・ジンピン)指導部が外交の舞台を地方に移している。3月以降、中国外務省はロシアや韓国などの外相を中国に招いているが、いずれも外交団を首都・北京ではなく地方都市で迎えている。首都の北京で新型コロナウイルスの感染が広がるリスクを警戒しているとの見方が多い。

3月18、19日に米アラスカ州で開いた米中外交トップの協議が物別れに終わって以降、王毅(ワン・イー)国務委員兼...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り591文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン