/

この記事は会員限定です

中台関係、本当に最悪か? 喜び沸く台湾経済

[有料会員限定]

中国軍の戦闘機が連日のように台湾周辺の防空識別圏に侵入するようになり、1年近くが経つ。そして、連日のように中国と台湾は互いの主張をぶつけ、罵り合い、国際社会も巻き込み、近年にはない最悪の関係と評されている。

中国は先週も、台湾大手財閥系企業の遠東集団に約85億円の罰金などを科し圧力をかけた。蔡英文(ツァイ・インウェン)総統率いる民主進歩党(民進党)への多額の献金が気に入らなかったようだ。

これだけ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り197文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン