/

この記事は会員限定です

米国務長官、通用口から会場入り 中国外相と会談 

[有料会員限定]

【北京=羽田野主】10月末に米国と中国がローマで外相会談を開いた際、ブリンケン米国務長官が会場のホテルに通用口から入ったと、中国で話題になっている。中国の春秋戦国時代、大国・楚がライバルの斉の使者を辱めるためイヌ用の小さな門をくぐるよう案内した故事「晏子使楚」の場面を想起させるためだ。米中関係の冷え込みを象徴している。

会場は中国政府代表団のホテルだった。中国国営メディアはブリンケン氏ら米政府代表...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り276文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン