/

安倍氏の発言巡り、中国が厳正な申し入れ 日本は反論

think!多様な観点からニュースを考える

【北京=羽田野主】中国外務省は2日、安倍晋三元首相が台湾の民間シンクタンク主催のフォーラムで、台湾に軍事的圧力を強める中国を強くけん制したことについて、垂秀夫駐中国大使を呼び出し、厳正な申し入れをしたと発表した。日本側は反論している。

中国外務省によると、1日夜に華春瑩外務次官補が垂大使を呼び、安倍氏の発言は「中国の内政に乱暴に干渉し、中国の主権を挑発し、台湾独立勢力の後押しをするものだ」と伝えた。断固とした反対を表明した。

在中国日本大使館の発表によると、垂氏は「台湾を巡る状況について日本国内にこうした考え方があることは中国として理解すべきだ。一方的な主張は受け入れられない」と反論した。「政府を離れた方の発言について政府として発言する立場にない」とも指摘した。

安倍氏は1日のフォーラムで「台湾有事は日本、日米同盟の有事だ。この点の認識を(中国の)習近平(シー・ジンピン)国家主席は断じて見誤るべきではない」と述べた。

中国外務省の汪文斌副報道局長は1日の記者会見で、安倍氏の発言を「公然とでたらめを言った」と批判した。「台湾は中国の神聖な領土だ。中国人民の限界線に挑戦すれば、必ず頭を割られて血を流すだろう」と発言した。

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
投稿チェック項目URLを投稿文中に入力する場合は、URLの末尾にスペースか改行を入れてください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン