/

米決済のスクエア、豪アフターペイを買収へ 3兆円超

アフターペイは世界で1600万人の利用者を抱える=ロイター

【シドニー=松本史】米決済大手のスクエアは2日、オーストラリアの同業アフターペイを買収することで合意したと発表した。スクエアは株式交換などによりアフターペイの全株式を取得する。買収総額は290億ドル(約3兆1600億円)になる見通しだ。

アフターペイの株式1株につき、スクエアの0.375株を割り当てる。7月30日のスクエアの終値から換算すると、アフターペイの直近の終値に30.6%を上乗せする形だ。2022年1~3月期の買収完了を見込む。

スクエアのジャック・ドーシー最高経営責任者(CEO)は声明で、買収により「(スクエアの主力事業)『キャッシュアップ』や『セラー』のエコシステムをよりうまく結びつけ、加盟店舗や消費者に魅力的な商品やサービスを提供できる」と述べた。

アフターペイ側も「スクエアと組むことで、米国や世界での成長を加速させられる」とした。スクエアは今後、キャッシュアップなどの既存事業にアフターペイを統合する方針という。

アフターペイは2014年に豪州で創業し、クレジットカードを持たない人でも無利子で分割後払いができるサービスを提供している。若者を中心に利用者を拡大、豪州のほかニュージーランドや北米で計1600万人が利用する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン