/

この記事は会員限定です

中国国民、「子供3人」は高嶺の花

産児制限への庶民の関心低く 教育費高騰が足かせに

[有料会員限定]

中国の習近平(シー・ジンピン)指導部が1組の夫婦に3人目の出産を認める方針を示した。2020年の国勢調査で、少子高齢化の加速ぶりが浮き彫りになったためだ。目前に迫る人口減少は経済成長や対外的な存在感に影を落としかねないと危機感を抱くが、教育費の高騰や給与の伸び悩みを実感する庶民は3人目容認への関心は低い。

中国は1980年ごろ、夫婦に1人の出産しか認めない一人っ子政策を始めた。出生率は下がり、15...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1216文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン