/

イラン、濃縮度20%のウラン製造の意向 IAEAに通達

(更新)

【ウィーン、テヘラン=共同】イランが国際原子力機関(IAEA)に対し、濃縮度最大20%のウランを製造する意向を通達したことが1日分かった。関係筋が明らかにした。濃縮度を20%まで高めると、技術的には核兵器級の90%の高濃縮ウラン製造が容易になるとされる。実行すれば、米国の核合意復帰は困難になる。

国営イラン放送によると、原子力庁のサレヒ長官は20%引き上げについて「ロウハニ大統領の指示が必要だ。早期に実行する用意はある」と述べる一方、時期は明言しなかった。ロウハニ師はバイデン次期米政権の核合意復帰と制裁解除に期待をつないでおり、IAEAへの通達は米欧に圧力をかける威嚇の意味合いが強いとみられる。

イランでは昨年12月、ウラン濃縮度を20%に引き上げることなどを政府に義務付ける法が成立。イランは今回の通達で、国内法に従うため中部フォルドゥの施設で最大20%のウランを製造する予定だと伝えた。濃縮作業をいつ行うのかについては言及していないという。

バイデン次期米大統領は核合意復帰の条件として、イランの合意順守を挙げている。イランは既に核合意が認める3.67%を超過しているが、これまでは4.5%程度に抑えていた。

核合意前、イランは医療分野で必要だとして20%の製造に成功している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン